あなたが最終的に選んだ〝テキスト〟は,試験に合格するまで使うことになります。

ですから,慎重に選んでくださいね。

でも,本屋さんなどで参考書類を探して,直感的に,

最初に 「これがいいなか?」

と思った〝テキスト〟がおそらく,いまあなたの目の前に置いてあると思いますよ(笑)。

 

不思議ですけれど,たぶんそうです(笑)。

すごいですね。

 

あなたの直感(感性)は,あなたの目的達成のためにある!

 

ひとつ大事なことを確認しておかなければいけません。

あなたが選んだその〝テキスト〟は,これからよほどのことがない限り,変更しないようにしてください。

 

とりあえず,その〝テキスト〟を好きになってください。

好意をよせれば〝テキスト〟からもちゃんとそれを返してくれますからね。
たとえば,一冊選んだ〝テキスト〟で読み進めていくうち,わからない部分があるかと思います。

そのとき,別のテキストを読んでみるとわかりそうな気がする。

簡単に言えば浮気したくなるでしょう(笑)。

 

あくまでも「参考に」するだけならいいのです。

そのあとで,元に戻ってくれば・・・。

 

しかし,一つわからないと,別なテキストへ。

もう一つわからないと,また別なテキストへ,・・・。

結局,テキストだらけになります。

 

だいたい浮気(?)するときは,そっちがいいような気がするだけです。

たいていは,いまのものより 〝よくない〟 ものです(笑)。

 

この〝からくり〟に気づかないと,まあいってみれば,試験の底なし沼にどっぷりと浸かってしまいます。

テキストだけはたくさんあるけれど,いつまでも合格できない!

 

お決まりのパターンです(経験者は語る!)。

(その代りテキスト評論家にはなれそうです。合格しないテキスト評論家。アッ失礼。)

 

何でもそうですけれどね。

人のものはよく見えるものです。

 

でも,それってあなたの感性を無視してませんか?