さて,あなたは目的をかなえるための準備を整えました。

目の前に,準備した〝テキスト〟と過去問集を並べてみてどんな感じがするでしょうか?

これから試験日までの間に,この本の内容をマスターするわけです。

 

「マスターするといっても,何をどうすればいいのかわからない?」

 

 

それを,これからお話ししますね。

 

ところで,あなたが目的とする試験は「得点順」で合格者が決まる(ここでは「競争試験」とでもいっておきましょう)ものですか?

それとも「基準点」を超えれば合格する(「検定試験」といっておきましょう)ものでしょうか?

 

いずれにしても,最低限の知識をマスターしていなければいけないわけですよね。

では,その最低限度の知識とは何か?

 

それは,「過去に出題された問題(過去問)が解ける」知識です。

よほどのことがない限り(司法試験の大改革みたいなヤツです),過去に出題された問題と同じようなものが今後も出題されるはずです。

 

ただし,「競争試験」だと,回を重ねるごとに少しずつ難しくなることはあり得ます。

でも,難しいのはあなただけでなく,受験者全員にとって難しいわけですから心配することはありません。

 

結局は,過去問をマスターすることで合格ラインに達することが可能です(というか,過去問をマスターしなければまず合格は無理でしょう)。

これから試験日までの間に,過去問を確実に解ける知識をマスターすればよいということになります。

 

目的が明確になれば,ホッとするでしょ(笑)。