さて,あなたは,「やりたくないこと」や「嫌いなこと」を書き出しました。

溜めているものを出すと,すっきりするでしょう(笑)。

実際にやってみると,意外に簡単だったと思います。

 

次に,あなたにお願いしたいのは,その書き出したものを眺めていただきたいのです。

どんな感じがしますか?

 

たとえば,「ずいぶん“わがまま”だなあ」とか…(笑)。

いろいろな感じがあるかと思いますが,ここでは,「本当にやりたくないのか?」あるいは「本当に嫌いなのか?」ということを考えてみてほしいのです。

 

たとえば,嫌いでやりたくないものに「仕事」があります(わたしの場合ですよ)。

それから,「営業」や「イヤな付き合い」,「早起き」といったものがあります。

 

実は,これはひとつのイメージから出てきたものなのです。

あなたには,もう想像がついていることでしょう。

そうなのです。「会社に勤めているとき」のことを思い出して,イヤなもの,やりたくないものが出てきたのです。

 

でも,会社が全部イヤなわけではないです。その中の一部分が特にイヤだと,全部イヤなイメージになると言うことですね。

別に働くのがイヤと言うわけではないです。仕事の中で,頭を下げて回る,イヤでも付き合いがある,そういったところがイヤなわけです。

 

それから,自分の自由にできない時間がとっても多くなるということ。

これは,すごくイヤでしたね(単なるわがままじゃないか! と言う声が聞こえてきそうですね)。

 

さあ,あなたの書き出したものを眺めて,「本当にやりたくないのか?」あるいは「本当に嫌いなのか?」ということを考えてみてください。

(考える時間)

 

 

 

 

⇒「1.7 イヤなものから,やりたいことを浮き彫りにしてみましょう」へ