《実践してくださいね》

タイトルは,書き間違えではありません。

とはいっても,先ほどと同じように,いきなりは書きづらいでしょう。このまま書き始めるくらいならば,先ほどの段階で,やりたいことを書いていますよね。

今度は,具体的な書き方を紹介します。

ここでは,マインドマップ(のようなもの)を利用します。

マインドマップをご存知ない方は,ホームページに簡単に紹介してありますので,それを見てきてください。

わたしも,これはかえって面倒じゃないのか! と思っていましたが,実際に使ってみると,意外と使える便利な道具(テクニック)だとわかりました。

応用範囲が広いので,ぜひ使ってみてください。

高能率学習法のところでも使用します。

でも,どうしても相性が悪いなと感じたら,無理にはお勧めしません。

だけど使ってください(って,いったいどっちやねん)。

 

書き出すときに,文章にするのが苦手だと,それだけでイヤになってしまいます。

そこで,単語(あるいは短文)だけ書き出すようにします。

 

用意するのは,いまは練習ですから,何かの裏紙でかまいません。

筆記具は,何でもよいですが,できればスラスラ書けるサインペンなどがよろしいでしょう。蛍光ペンなどもよいです。お絵かきのノリでやってください。

ミスしたときのために,消しゴムで消せるように鉛筆ではいけないのかと考えたあなた。ミスという考えは捨ててくださいね。

お絵かきなんですから,多少の間違えなんて気にしない!

それでは,具体的な書き方です。

 

【手順】

1.中央にだ円を書きます。ここに,「やりたくないこと」あるいは「嫌いなこと」などと記入します。

2.そのだ円から何本かの線を引きます。その線の先にやりたくないこと,嫌いなことなどをただ,書いていけばいいだけです(簡単でしょ)。

3.日付などのメモ書きも入れておくとよいでしょう。あとで見直すと面白いですよ。

さあ,今度は,あなたが書く番です。

 

コメント

・思いつくままに書くのがコツです。

・深く考えないで,自分の中で今まで不満に思っていたことを,ただ書き出すのです。

・線は何本になってもかまいません。

・たとえば,「勉強」と書いて,特に「数学」がイヤならそこからさらに線を伸ばし「数学」と入れていきます。「仕事」で特に「営業」がイヤなら,同じように線を伸ばし「営業」と書きます。いくらでもつないでいけます。

・思い浮かばないときは,線だけ書いておくとよいです。フト浮き上がってきたときに,書き加えます。

・書き出すときは時計回りの方が,やりやすいかもしれませんが,あなたの好きなところから線を引いて書いてみてください。

 

これが練習とは言いましたが,実は,これが本番です。

やってみれば簡単でしょ。コツは,適当(いい加減という意味ではありません)にやること。「さあ,書くぞ!」なんて気張らずに,軽い気持ちでやってみてください。

ただ,このままでは,まだ十分ではありません。と言うのは,「本当にやりたくないこと」や「嫌いなこと」が全部出し尽くされているとは思えないからです。

 

あなたの,心に(?)聞いてみてください。本当に全部出し切ったかどうかを。

 

たぶん,まだ“なんとなく”満足感がないのではないでしょうか。

ここで焦ってはいけません。この“思い”を一日寝かせることも大切です。

 

明日,再び書き出してみると,もっと出てくるかもしれません。気になったときに,書き出すようにすればよいです。

 

パソコンで書いている場合は,「プリントアウトしてください」と言った理由がわかってもらえたでしょうか。すぐに書き出さないと,忘れてしまうのです。

パソコンを立ち上げて・・・・・・,とやっているに,面倒くさくなってしまいます。

マインドマップ(のようなもの)の利点がわかっていただけたでしょうか。

 

思いつくまま,文章にしなくてよいので,簡単に書ける。

これは,いい加減なわたしには,ぴったりの道具(テクニック)です。

さて,もう一度,「やりたくないこと」や「嫌いなこと」をできるだけ書き出してから,次に進んでください。

 

溜めているものを出さないと,具合が悪くなってしまいますからね。

(思い当たる節あります?)

“やりたくないこと”を書き出します。

 

⇒「1.6 本当にやりたくないの?」へ