実は正直なところ、わたしはこういった類の本で「書き出しましょう」といわれても,一回も書き出したことがありません(自慢!)

 

書き出しましたか?

書き出した方は・・・。

「素晴らしい!」

すぐにでも,目標を達成できる準備が整っています!

 

でも,もう少しお付き合いください(結構,わたしはしつこいみたいですね)。

 

書き出さななかったあなた!

わたしと同じです(笑)。

 

でも,やっぱり実践してもらいたいので,ここら辺の理由ははっきりさせておきましょう。

ハウツー本から卒業するためにも・・・。

 

書き出すことをしなかった理由は何ですか?

 

(ちょっと考えてください)
わたしの場合は,

・面倒くさい!

⇒いちいち書くなんてねえ・・・。

・書き出してどうなる?

⇒そうやって,ページ数を増やしているだけだろう。

・早くためになることだけ教えろ!

⇒読むだけでできるようにしろよ!

・照れくさい!

⇒誰かに見られたら,恥ずかしいだろ。後で見返すのも恥ずかしいし・・・。

・書く紙に迷った!

⇒何かの裏紙でもいいの? はっきり書けよ!

・筆記具はどれがいいのかわからなかった!

⇒鉛筆でもいいの? わからないじゃないか!

こんなところでしょうか。

 

あなたの場合はどうですか。たぶん,似たようなものではないでしょうか。

でも,もっと根本的なところをたどっていくと,やりたいことを書き出すと,やらなければいけなくなってしまう・・・。そんな不安(?)も少しあるのです。

もう,後戻りができなくなってしまう。

行動しなければならなくなってしまう。

どうでしょうか?

 

残念ながらあなたは,もう手遅れです(笑)。

あなたは,逃げられなくなってしまいました。

あなたは,言い訳ができなくなってしまいました。

あなたは,行動して,結果を出すことを選んでしまいました。

 

そうなるための仕掛けがしてあるのです。

だって,散々逃げてきたわたしが,ほんのわずかですが,結果を出せるようになってきたのですから,あなたができないわけがありません。

あなたは,“行動力がない”という言い訳をもし用意しているなら,それは間違っています。

だって,実際にここまでやってきているじゃないですか!

そんなに行動力がありながら,「できない!」なんて言い訳,誰も信用しませんよ(笑)。

 

さあ,もう一回はじめましょうか。

さて,あなたはどうでしたか?

 

⇒「1.5 やりたくないことを書き出してみましょう」へ